これでコバがテカテカ!『コーンスリッカー』

今回ご紹介するのは、コーンスリッカーと呼ばれる道具です。

目次

コーンスリッカー

コーンスリッカーとは、コバを磨きつつ整える道具になります。

プレススリッカーや、コバ磨きとも呼ばれています。

コバ(革の端面)をきれいに磨き上げるときに使用する道具で、写真の通りくぼみがついた丸い棒の形をしています。

このくぼみの部分にコバを当て、こすっていきます。

このときにトコノールなどを使用します。

コバ磨きにはこれが最適!『トコノール・トコフィニッシュ』

また、綿の布でも代用することができます。

メリット

コーンスリッカーを使用するメリットは、コバが磨きやすいことと形が崩れにくいことです。

見ての通り持ちやすい形をしていますので、手軽に素早く磨くことができます。

また、くぼみの内側が局面になっていますので、コバの角の部分が押さえつけられ、きれいに磨き上げることができます。

デメリット

デメリットとしては、ヘリ落としを使用してから磨かないと角が開きます。

ヘリ落としとは、コバの角を落とす道具になります。(また別記事で書きたいと思います。)

角を処理してから出ないと、コーンスリッカーを使用したときに角を押さえつけるどころか開く方に力がかかり、見た目が美しくなりません。

まとめ

はじめは綿の布で構いませんが、段々とコーンスリッカーが欲しくなるはずです。

様々なメーカーからいろんな素材のものが出ていますので、お気に入りの一つを見つけてください。

また、リューターに取り付けて使用するタイプもあります。

終わりに

電動のコバ磨き、良いですね。

リューターもそこまで高いものではないのでそのうち買おうかなと考えています。

コーンスリッカーは、使用していると段々と色がついてきて使用感が出てきます。

そういう道具はかっこいいですよね。

これからもどんどん色んなものを作りたいと思います。

    ここまでお読みいただきありがとうございます。

    皆様も良きクリエイトライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次