『ドライボックス 』-2 3Dプリンター

『ドライボックス 』-1 3Dプリンター

こちらの続きです。

目次

3Dプリント制作物

今回のドライボックス制作で印刷したものはこちらです。

購入品

前回の記事でも少しお見せしましたが、購入したものはこちらになります。

ストッキングネットとドライボックスはダイソーで買いました。

シリカゲルはネットです。

ドリルと手回し工具、ネジ類はホームセンターで見つけました。

また、参考ブログにも書いてありますがベアリングとクイック継ぎ手も購入しています。

クイック継ぎ手は、まだたくさんはいらないのでこちらを買いました。

組み立て

それらを組み立てたものがこちらになります。

ネジは普通のセムスネジを購入していましたが、M3は木ねじもあったほうが組み立てやすいですね。

本当は上面にシリカゲル置き場があり、横に温湿度計を置こうと考えていましたが、100円ショップの温湿度計を置くものは自分で設計しないといけないのでまだつけていないです笑

シリカゲル置き場は、セムスネジでは止めれませんでしたので木ネジ等を買ってきてまたつけたいと思います。

終わりに

簡易的ではありますが、ドライボックスの制作ができました。

これでフィラメントを湿気から守ることができます。

3Dプリンターのためのものを3Dプリンターで制作し、環境を整えていきたいですね。

もう少ししたらもっと私物系も制作したいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きクリエイトライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次