CB缶が使えるシングルバーナー『ST-310』

ST-310

今回ご紹介するキャンプギアは、「ST-310」というSOTOのシングルバーナーになります。

あわせて読みたい
SOTO | OutDoor Gear このサイトは、新富士バーナーが、スタイリッシュで機能的な「道具」を通じて、季節やシーンに合わせて楽しむアウトドア・スタイルを提案しています。
目次

ST-310

あわせて読みたい
レギュレーターストーブ ST-310 | SOTO | OutDoor Gear このサイトは、新富士バーナーが、スタイリッシュで機能的な「道具」を通じて、季節やシーンに合わせて楽しむアウトドア・スタイルを提案しています。

このアイテムになります。

こちらはSOTOというメーカーが出しているレギュレーターストーブという商品名で販売しているものになります。

SOTOは新富士バーナーのブランドになり、燃焼機器を作り続けて40年という歴史を持つ会社になります。

折りたたんで収納ケースに入れるとこのような感じになります。

メリット

このシングルバーナーの最大のメリットは、CB缶を使用するということです。

アウトドア向けのシングルバーナーはOD缶を使用するタイプが多いです。

OD缶は、アウトドアショップや少し大きめのホームセンターなどでしか入手することができません。

最近は取扱店が多くなってきたとはいえ、CB缶はコンビニや100円ショップでも購入することができます。入手性が段違いですので、OD缶とCB缶でもし迷われているようでしたら、CB缶が使えるST-310は最良の選択の一つになると思います。

ただし、100円ショップやコンビニなどで取り扱っているCB缶は、寒いと使い物になりませんので冬キャンプや登山などで使用を目的としている方は、専門店やホームセンターなどできちんと冬用のものを購入して使用してください。

SOTOの純正ですと、パワーガスと書かれているものが寒いところ用になります。

デメリット

デメリットとしては、OD缶のものより場所をとるということと、着火アシストアイテムを使用しないと着火しにくいというところです。

CB缶を横にして使用するバーナーですので、あの縦長の缶が横に寝かされるわけです。

邪魔ですよね。

それなりに広いテーブルを用意しないと、ST-310をおいて調理中はテーブルの上は余り物が置けない状態になってしまいます。

また、点火のボタンが押しづらく、アシストアイテムを装着しないとなかなかにやりにくいです。

しまうときは手のひらサイズまでコンパクトになりますので、そこまで邪魔になることはないと思います。

終わりに

ST-310はAmazonのランキングでも常に上位にあるロングセラー商品です。

みんなが買っているから間違いないとは言い切れませんが、人気があるということはそれなりに理由もあるのでしょう。

私も使用していて公開したことは一度もなく、キャンプを初めて最初期に購入してからずーっと相棒として使用しています。

いろんなバージョンが有るようですので、お気に入りの一つを探してみてください。

ST-310

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

アウトドア検定2級保持
初級バーベキューインストラクター保持

3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次