アウトドアといえば、これだよね『ナイフ』

今回ご紹介するのは、アウトドアで使用するナイフです。

その中でも、モーラのナイフを中心に紹介していきたいと思います。

目次

ナイフ

アウトドア用ナイフには、大きく3種類あります。

シースナイフ

刃が折りたためないように固定されているものです。

頑丈な作りのため、本格的なブッシュクラフトにも使用できます。

フォールディングナイフ

刃を折りたたみコンパクトに収納できるタイプです。

頑丈さではシースナイフに劣りますが、ポケットなどに入れて持ち運ぶこともできますので、荷物をコンパクトにしたい方におすすめです。

折りたたむことで安全に収納できますし、キャンプ場ではこれでも十分な機能性を有しています。

ツールナイフ

栓抜きやドライバーなど、様々なツールが1つにまとめられているものに含まれるナイフです。

様々な場面で活躍するため、1つ有ると便利です。

Mora knife Companion MG

上記でもリンク貼りましたとおり、モーラのナイフはシースナイフという頑丈なものになります。

なぜモーラのナイフを紹介したかといいますと、安くて質のいいナイフが揃っているからです。

つまるところ入門向けのナイフがモーラのナイフになります。

モーラ・ジャパン 公式HP

ブッシュクラフトをやってみたいけどどれを買えばいいかわからないという方は、とりあえずモーラを買っておけば間違いないです。

材質

ナイフの材質は色々ありますが、モーラのナイフは基本的に2つです。

カーボンスチール

粘り気のある金属で、研ぎやすく切れ味が良いです。

ですがサビに弱く、メンテナンスが大切です。

黒錆加工を施すことで赤錆の発生を防ぐことができます。

ステンレススチール

とても硬い金属で、研ぎにくいです。

ですがサビに強く、あまり頻繁にメンテナンスする必要はありません。

(絶対に錆びないわけでは有りません)

メリット

アウトドアでナイフを持つメリットは、できることの幅が広がるということです。

キャンプにハマってくると、段々とやってみたいことが増えます。

特に焚き火に魅力を感じてくると、シースナイフは必須と言えます。

また、シースナイフを持つことによって自分の中のアウトドアやってる感が格段に上がります。

(重要)

それに、ちょっとした切断にも使用できるため、シースナイフに限らず1つは有ると便利です。

モーラのナイフはちょうどよい大きさだと思いますので、おすすめです。

デメリット

刃物ですので、危険です。

また、使いみちがない人は不要になります。

調理には包丁を持ってきて、炭やガスを使用してBBQなどを楽しむ分には不要です。

やはりどんなスタイルのキャンプにするかで要不要が変わってくるかと思います。

まとめ

メリット

・ブッシュクラフトができる

・何かしらの切断などに使用できる

・アウトドア感が高まる

デメリット

・危ない

・キャンプスタイルによっては不要

終わりに

アウトドアは趣味ですので、やはり雰囲気って大切だと思います。

雰囲気のために購入したほうが良いとは言えませんが、ブッシュクラフトに興味が有る方は高い買い物ではないので1つ買ってみてはいかがでしょうか。

最近はブッシュクラフトを強要してくる道具も有るようです。

もしブッシュクラフト用のナイフがほしいけど何を買えばい良いかわからないという方が見えましたら、とりあえずモーラのナイフをおすすめします。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きアウトドアライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次