どんな革にも穴をあけるぜ『丸ギリ』

今回紹介する道具は、丸ギリと呼ばれるものです。

目次

丸ギリ

丸ギリとは、先端が針になっているいわゆるキリになります。

キリに取っ手をつけて短くしたものといえばイメージが湧きますでしょうか。

丸ギリの使用方法としては、印をつける時と穴をあける時になります。

印をつける使い方は、先日紹介した銀ペンでも可能です。

ケガキに便利『銀ペン』

穴をあけるのは、本来は菱目打ちを使用しますが、最初の穴や重ねて分厚くなった場所などに穴を開ける時は丸ギリを使用したほうが良いでしょう。

メリット

丸ギリを使用するメリットは、分厚い箇所にも難なく穴を開けれること、細かいケガキができること、音がならないことです。

菱目打ちを使用したことの有る方なら想像できるかと思いますが、あまり革が分厚いと簡単に穴を開けることができません。

分厚く張り合わせる前に穴を開ければ良いことですが、なかなかきれいに穴が会いません。

そんな時に、丸ギリを使用すると、比較的簡単に貫通させることができます。

また、先端は張りなので細かいケガキも難なくこなせます。

そして、丸ギリは手でグリグリと使用するものなので音が出ません。

マンション等にお住まいで大きな音を出せない方は、丸ギリを使用して穴を開けると良いと思います。

デメリット

デメリットは、穴を開けるのに力がいることです。

菱目打ちと違って手で開けるので、ある程度力を入れなければなりません。

そうした時に、誤って机などに指してしまったり、指を傷つけてしまったりするかもしれません。

大きな針ですので、取り扱いには注意が必要です。

まとめ

丸ギリは、とても便利な道具です。

音がならないというのは最大のメリットだと思います。

しかし取り扱いを誤ると怪我や事故につながってしまいます。

十分に気をつけて作業にあたってくださいね。

また、100円ショップに丸ギリと同様の使い方ができるアイテムが有りました。

そう、千枚通しです。

丸ギリは持っていないけど、もしかしたら千枚通しなら持っているという方は、そちらで代用も可能ですので探してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きクリエイトライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次