安全にキャンプを楽しむための準備!

今回は、キャンプ初心者や初めてやるよっていう方に向けて、キャンプで準備していったほうが良いものを紹介していきたいと思います。

この内容が少しでも役に立ち、キャンプ好きの方が増えていただけると嬉しいです。

目次

安全に楽しむためにあったほうが良い道具

虫除けスプレー

アウトドアと言えば、ムシはつきものです。

カブトムシ等であればまだ良いのですが、小さな羽虫が寄ってくると鬱陶しくて楽しくなくなりますよね。

やはり虫除けスプレーは必須アイテムだと思います。

この虫よけスプレーはとても強力で、小さいお子さんや肌が敏感な人に使用するにはよく説明文を読む必要がありますが、その分効果は折り紙付きです。

私はこの虫よけスプレーを使用するようになって蚊に刺される頻度が極端に落ちました。

また、お子さんには

こちらをおすすめします。

生後6ヶ月の子供から使用可能で、敏感肌の人にも使用可能です。

こちらは、ムシが嫌がる精油が入っているスプレーで、爽やかな香りがします。

ムヒ

虫除けスプレーをかけても、どうしても刺されることはあります。

ですのでムヒも持っていきましょう。

ちなみに私はキンカン派です。

バンドエイド

どうしても、アウトドアに怪我はつきものです。

遊んでいて転んでしまった、石で手を切ってしまった等怪我には事欠きません。

そんなときに、傷対策をしておけば、その後のキャンプも楽しむことができます。

上着

キャンプ場の場所にも寄りますが、山の中のキャンプ場ですと、冷えます。

特に朝晩はとても涼しくなります。

真夏でも1枚以上は羽織る何かを持っていきましょう。

夜寒くて寝れなければ、楽しかったキャンプも辛い思い出になってしまいます。

私はUNIQLOのライトダウンベストを畳んで常にリュックに入れて持っていっています。

場所によっては2~3ヶ月先の気温になっていることもあります。

(7月に行ったのに9月並の涼しさ等)

上着類は多めに持っていくに越したことはないでしょう。

着替え

山の天気はとても変わりやすいです。

天気予報では晴れでもキャンプ場周辺だけ雨が降ることも珍しく有りません。

上から下まですべての着替えとは言いませんが、下着と靴下くらいはかばんに忍ばせておいても邪魔にはならないでしょう。

着替えと一緒にタオルも余分にあるといざというとき役に立ちます。

懐中電灯

キャンプ場の夜は真っ暗です。

自分のサイトからトイレまで行くのに真っ暗では危ないです。

自分のサイト用のライトはあるかと思いますが、別で移動時に使用する明かりを用意する必要があります。

最近は大体の人がスマホを持っていますので、そのライトを使用するのも良いと思います。

暇つぶし道具

キャンプをするにあたって、一番大切と言っても過言ではないのが時間の使い方です。

トランプやUNO等でも良いですし、人生ゲームなど時間がかかるものも存分に楽しむことができるでしょう。

また、アークライトゲームズという会社からいろんなボードゲームが出ていますので、そちらもおすすめです。

私はラブレターというカードゲームをよくみんなとやっていますね。

他にもいろんなのがありますので、一度調べてみるのもおすすめです。

終わりに

今回ご紹介したものはキャンプが楽しくなるためのほんの一部になります。

一度キャンプに行くと、次行くときはこういったものが欲しいなどが分かってきます。

ぜひキャンプを楽しく過ごして、キャンパーとして楽しくアウトドアライフを過ごしていきましょう。

また、キャンプに必要な道具も紹介しておりますので、よろしければそちらもご確認ください。

初心者キャンパー必見!キャンプ道具の選び方

ここまでお読みいただきありがとうございます。

万全なコロナ対策をして、良きアウトドアライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次