備えは大切『絆創膏』

今回ご紹介するのは、必須アイテムでは有りませんがあったほうが良い道具『絆創膏』です。

目次

絆創膏

絆創膏、それは地域によって呼び方が変わるあのアイテムです。

ばんそうこうの呼び方マップ

いろんな呼び方があるんですね。

私は、絆創膏かバンドエイドと言っていました。

アピールポイント

どの呼び方でも使い方は変わりません。

怪我をしたときに傷を保護してくれるアイテムになります。

野外で活動する場合はどうしても怪我はつきものです。

それが、ナイフによる切り傷なのか、虫刺されによるものなのか、はたまたコケて擦り傷ができるかもしれません。

そんなとき、絆創膏があれば痛みを和らげたり、寝袋などに血がついたりすることを防いでくれます。

こちらは私が実際に使用しているタイプのものになります。

4種類の大きさのものが入っているので、傷口に合わせて使用できます。

備えあれば憂いなしといいますし、こういったものを一箱常備しておくことで、いざというときに対処できるかと思います。

ウィークポイント

ウィークポイントといいますか気をつけてほしいことですが、絆創膏には使用期限があります。

箱のどこかに書いてありますので、期限が過ぎたら新たに買い直したほうが良いかと思います。

おそらく、粘着力やガーゼの薬などの効力が弱くなるのでしょう。

高い買い物では有りませんので、定期的に購入し、ストックしておくのが良いのではないでしょうか。

終わりに

絆創膏は様々なものが世に出回っています。

ネットで良さそうなものを調べても良いですし、近所の薬局などに足を運んで選んでも良いと思います。

絆創膏を持ち運んでいる人が多くいるとは思いませんが、アウトドアなレジャーを楽しむ際には、ぜひとも一箱荷物に忍ばせてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きアウトドアライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次