3Dプリンターで革絞り加工用の型製作-クラフト日記

ウェットフォーミング

今回は、3Dプリンターで絞り加工用の方を製作しましたのでご紹介します。

目次

絞り加工とは

絞り加工とは、1枚の革を立体的な形に成形することを言います。

立体成型、ウェットフォーミングという呼び方もあります。

この方法を使うことで、縫い合わせて立体的にする必要なく、継ぎ目なく1枚の革から立体を作り出すことができます。

簡単に方法を説明しますと、革を濡らして成形したい形に固定して乾かすと、その形のまま固まるという方法です。

その、成形したい形に固定するための道具に、型を使うのです。

この加工は、ヌメ革と呼ばれるタンニンなめしの革にしかすることができません。

少し硬めのコシのある革ですね。

日本革市
5. なめしの種類 | 革の基礎知識 | 日本の革の良さを知ろう | 日本革市 - 素材から作りまでメイドインジャ... 「革の基礎知識:なめしの種類」のご紹介。日本の天然皮革素材と革製品に関する国内最大規模の総合情報メディア【日本革市】です。より多くの消費者に「素材から縫製まで、...
Knot Magazine
レザーの種類|なめしの手法と素材ごとに異なる特徴を解説 - Knot Magazine レザーという素材には、さまざまな表情があります。たとえば革ジャンならクールでハードなイメージが強いですが、レザーの鞄や靴は高級感やフォーマルな印象を与えます。そ...

絞り加工用の型

今回制作した型は、このような長方形のトレーの型になります。

絞り加工とは、これを革に押し付けて成形していくのです。

3Dプリンターで印刷直後は表面に積層痕が残っています。

写真だとわかりにくいですが、平らな部分でも指で触るとザラザラしています。

この積層痕を残したまま使用すると、革に転写されてしまいます。

その積層痕を消すために、ヤスリで削っていきます。

どこで満足するかは人それぞれですが、私は#100のヤスリからかけていき、#400、#800の三回で終了しました。

指で触ってもさらっさらになったので問題ないと思います。

次は実際に絞り加工をやってみたいと思います。

終わりに

今回はなんだか3Dプリンターのとても有意義な使い方を見つけた気がします。

使い方は人それぞれですが、レザークラフトと3Dプリンター両方に興味がある私としては、この2つが交わることで新たな道が開けたような気がしますね。

これからもいろいろなものを作っていきたいです。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きクリエイトライフをお過ごしください。

\日本ブログ村ランキング参加中/

ブログが面白かったら、ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

レザークラフト販売中です。

ご興味ある方はぜひ見ていってください。

あわせて読みたい
商品販売 ネットにてレザークラフト作品を販売しております。 ご興味ある方はぜひ覗いていってください。 メルカリ 商品販売ページ minne 商品販売ページ

ウェットフォーミング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

アウトドア検定2級保持
初級バーベキューインストラクター保持

3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次