らくらく調理!みんな大好き『カセットコンロ』

今回ご紹介するキャンプギアは準レギュラーとなります。

それは、カセットコンロです!

目次

カセットコンロ

キャンプに行かれる方には、薪や炭をメインにお使いの方も見えるかと思います。

しかし、火力調整の手軽さでガスを超えることはできません。

私も、炭や薪をメインに使っているうちの1人ですが、雨が降ったときなど天気が崩れそうな時はカセットコンロを使用しています。

先述したとおり、日の調整の手軽さもさることながら、準備片付けをとても素早く行うことができます。

ちなみに

こちらが、私が愛用しているカセットコンロになります。

私はとあるホームセンターで購入したのですが、その時は記念品という形でケースが付いていました。

基本はついていないタイプみたいです。

これ以外にもアウトドア用として

こちらが有名でしょうか。

いろんなカセットコンロが有り、最近はよりアウトドアに特化したタイプなどもあるようですので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめする理由

カセットコンロをおすすめする理由は3つあります。

それは先述したとおり、火加減の調整の行いやすさと、設置&撤収がとても楽なこと、そして煤が出ないことです。

火加減の調整の行いやすさは、料理の出来栄えに直結します。

特に、弱火でじっくりなどの料理を行う際には、薪や炭でやろうとするとかなりの熟練度を要します。

その点、カセットコンロを使用すればつまみをひねるだけで火加減の調節ができます。

設置&撤収がらくということについてはそのままの意味です。

ケースから出してガスをセットすれば設置完了です。

撤収も、ガスを取り出して軽くゴミや汚れを落として、ケースにしまえば終了です。

BBQコンロや焚き火台を使用するとどうしても灰の処理をしてきれいに洗って乾かして…という作業が必要になります。

薪等で調理をしたことがある方にはわかるかと思いますが、薪や炭でフライパンなどを使用すると裏面が煤で真っ黒になります。

それが良いんだという気持ちも私の中にありますが、ものと限度によります。

しまうときに他に煤がついてしまうのも嫌ですし、きれいに落とさなければなりません。

その点、ガスを使用すると煤で汚れることが有りません。

これだけで一考の価値があるかもしれません。

悪いところ

良いところばかりあるように見えますが、悪いところもあります。

かさばること、ガス缶が必要なこと、雰囲気が出ないことです。

BBQコンロよりは小さいかと思いますが、焚き火台よりはかさばるかと思います。

また、薪は拾うこともできますがガスは購入するしか入手手段が有りません。

忘れていって売店に売っていなかった場合は使用することができません。

そして最後に、雰囲気が出ません。

どうしても焚き火台と並べて見ると、キャンプ感があるのは焚き火台になります。

私としてはどちらの雰囲気も好きなのですが、並べると流石に焚き火台に軍配が上がります。

終わりに

なにはともあれ、1サイトに1つカセットコンロがあると、とても便利です。

必ず使用しなければならないというわけでも有りませんし、安いものでしたら2~3,000円で購入することができます。

この期に購入されてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きアウトドアライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次