これさえあれば火起こしは問題無!「ガスバーナー」

今回ご紹介するのは、ガスバーナーです。

目次

ガスバーナー

ガスバーナーがなにかの説明が必要な方は少ないかと思いますが、改めて説明させていただきます。

ここで言うガスバーナーとは、CB缶へ直接取り付けて炎を先端から出す装置のことです。

こんな感じのものですね。

こちらも、SOTOさんのものを使用している方が多いかなと思います。

こちらはホームセンターにもいろんなメーカーのものが置かれていますので、好きなメーカーのものを使用していただければと思います。

いろんな形のものがあるんですね…

今回調べて知りました笑

アピールポイント

ガスバーナーのアピールポイントはなんと言っても、火力が強いことです。

過去記事でしょうかいしてたスライドガストーチや、普通のライターなどと違い高火力で、着火剤無しで炭に火をつけることができます。

一本あると超便利『スライドガストーチ』

つまりこれがあるだけであの煩わしかった火起こしから開放されるのです。

また、料理の表面をちょっと炙ることもできます。

炭を使いたいけど火起こしが面倒という方や、表面を焦がしてより美味しい料理を味わいたいという方は、この装置の導入を検討されてはいかがでしょうか。

ウィークポイント

ウィークポイントとしては、こちらも過去記事のガスコンロと似たようなものになるのですが、ガス管が必要なことです。

らくらく調理!みんな大好き『カセットコンロ』

ガス管がないと使用できませんので、常に燃料のストックを木にする必要があります。

それでもガスコンロよりは場所を取りませんので、手軽に火をおこしたいのならば導入する勝ちはあると思います。

終わりに

ガスバーナーはそこまで高価ではなく、煩わしい作業を手軽にしてくれる素敵な装置です。

近所のホームセンターなどでも普通に取り扱っていますので、入手性も良いです。

この機会に一度使用してみてはいかがでしょうか。

安すぎで不安になるものを見つけました笑

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きアウトドアライフをお過ごしください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

    アウトドア検定2級保持
    初級バーベキューインストラクター保持

    3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次