『糸ホルダー』 3Dプリンター

今回は、レザークラフトの糸ホルダーを3Dプリンターで制作しましたので紹介します。

目次

糸ホルダー

レザークラフトには、蝋引き糸を使って縫うことが日常的にあります。

今までは、100円ショップの適当な箱に寝かしておいていましたが、それだと糸を引っ張るときに手で回しながら取らないといけません。

もちろん購入するのも良いですが、せっかく3Dプリンターがありますし、自分の持っている糸の量に合わせたちょうどよいサイズをと思い、プリントしました。

終わりに

今回は約17時間ほどかかりました。

やはり高さがあるものは時間がかかりますね。

柱の部分もある程度の強度が必要ですのでスカスカにはしなかったためか、時間がかかりました。

色々と設定をいじってあまり糸を引かないようにできたと思いましたが、まだまだ糸を引いたり段ができたりしてしまいます。

なかなか奥が深いですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

皆様も良きクリエイトライフをお過ごしください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東海地方在住のキャンプとレザークラフトが趣味の者です。

アウトドア検定2級保持
初級バーベキューインストラクター保持

3Dプリンターやレーザー印刷機なども使用して、色んなものを作ったり、キャンプ場やキャンプ道具の紹介をしたりしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次